お知らせ information

日本教育新聞 ただいま連載中です。

2011-07-26 (Tue) 16:34
■日本教育新聞 ホームページはこちら http://www.kyoiku-press.co.jp/jep/

第1回
教育新聞01

【第2回】 他業種の例に学ぶ/消費者の立場で何に腹立つか考えて/
【第3回】 応対の在り方/保護者の立場で物事考える研修必要/
【第4回】 教師は何におびえるのか/
管理職同僚ら 周囲にトラブルを知られること/
【第5回】 急増する教師の精神疾患/世間の目もあり、簡単に辞められず/
【第6回】 保護者の「連絡網」/学校は携帯メールの怖さ知って/
【第7回】 求められる「本気」の対応/継続可能なシステムの構築必要/
【第8回】 話術を磨く/相手の立場で考え、言葉発する/
【第9回】 子どもがずぶ濡れで帰ったというクレームへの対応 上/
「なぜ傘を持たせない」と担任非難/
【第10回】 子どもがずぶ濡れで帰ったというクレームへの対応 下/
母親が早とちり 学校に非はなく毅然と構えよう/
【第11回】 苦情・クレーム減少策/日頃から言葉遣い・話法に気を配ろう/
【第12回】 「親の甘え」と「教師の思い出」/先生に頼り切るのは間違いだ/
【第13回】 悩む若手教師を救え/学校は組織的に支援、行政は研修充実を/
【第14回】 許される話し方 上/興奮した相手にも、冷静にゆっくりと/
【第15回】 許される話し方 下/「無言」も会話、最大限に生かそう/
【第16回】 怒られる話し方 上/「上から目線」やめ、対等に向き合おう/
【第17回】 怒られる話し方 下/話をじっくり聞き、満足度・安堵感与えて/
【第18回】 異業種のトラブルに学ぶ/何が当然の要求か 冷静に見極めを/
【第19回】 切り返しの話法 上/あえて「子育てへの協力」呼び掛ける/
【第20回】 切り返しの話法 下/詭弁には「なぜ?」「どうして?」繰り返す/
【第21回】 「先入観」は禁物/ささいなことでも非があれば謝罪を/
【第22回】 今年は「苦情活性年」/変化に慌てず、落ち着いて対処を/
【第23回】 米国の苦情問題/訴訟で補償・慰謝料取るのが主目的/
【第24回】 スクールソーシャルワーカーに学ぶ/
多様なプロが学校を支える時代に/
【第25回】 苦情対応の基礎・基本/
悩んだときは周囲に相談、寝てしまうのも得策/
【第26回】 訴訟問題を考える/誰が勝っても関係は断絶へ/
【第27回】 各教委の保護者対応マニュアル/たくさん入手し、積極的に活用しよう/
【第28回】 クレーム問題の全国調査/教師に芽生えた支え合いの意識/
【第29回】 野球部のボール 住宅窓を破壊/
修繕費負担し 再発防止へ住民と協議を/
【第30回】 中学校長の体験談から/キャラクターと話術を武器に/
【第31回】 歯科医院での事例から/多いのは予約制めぐるトラブル/
【第32回】 教師の弱点/生真面目さは職業病 徐々に融通が利かなくなる/
【第33回】 教師の長所/子の将来を真剣に考えてくれる/
【第34回】 メディア対応の留意点/
首長と教委 意見の食い違いは報道の餌食に/
【第35回】 大阪・寝屋川市のフォーラムから 上/
保護者から教師宅への電話ルール化を/
【第36回】 大阪・寝屋川市のフォーラムから 下/
研修会の狙い 自分の弱点を理解・修正/
【第37回】 電話対応の極意/「対面」に切り替える話法を/
【第38回】 メール・手紙での抗議への対応/即返信せず、複数人で十分検討/
【第39回】 保護者からのいじめ調査依頼/逃げずに正面から向き合おう/
【第40回】 運動会で女子生徒が顔にけが/管理職自ら確認、誠意ある対応を/
【第41回】 苦情を言う母親の心理/「村八分」恐れ、行動起こす例も/
【第42回】 クレーム対応のまとめ 上/必要なのは自己改革への挑戦/
【第43回】 クレーム対応のまとめ 下/「子供のために」が大前提/
【第44回】 経験こそ自分の宝/本番に備え事例集めシュミレーション/

Comments

Name: 

URL:

Comment:

Captcha:


ページ最上部へ