ご挨拶 Greeting

関根眞一全医療に携わる皆様の日頃のご貢献に対し、患者を代表して心より感謝を申し上げます。

ここに、皆様のご理解の下、新たなNPOが発足いたしました。これは、地域の中で輪としてつながっている医療人と患者の連携強化を目指すことを目的としています。いま日本の高齢化社会は避けて通れない現状がございます。それに向けて、多種の業界が御支援をくださっておりますが、それはビジネスです。その為作為的な事件も生んでおります。
当NPOは、当然のことながら'コンプライアンス'に則り事業を推進して参ります。利益は寄付として生かして参ります。

当会は、医療連携の中でも歯科部門に力点をおき協力をして参ります。その歯科部門もとうとう、「生き残る歯科医院は患者が選択する」という時代に入り、医療機関が襟を正してなければ倒産の憂き目を見ます。それをさせないためには、他の歯科医院との差別化は避けて通れません。今寝たきりになった高齢者のかかりつけ歯科医師はどなただったのでしょう。責任は継続されるのです。

また、ケアマネージャーはもっと口腔内の危険性を知っていただきたい。とうとう誤嚥性肺炎で亡くなった患者さんの家族が、口腔内を放置したケアマネージャーを告訴する事件にまで発展しております。この防止こそ、我々が目指す、医療の連携といえるのではないでしょうか。

生き残る歯科医院の条件は、

1、医療安全を意識していること (患者の安全第一、感染症の排除、院長/スタッフの意識改善)
2、かかりつけの患者さんを生涯診察すること (歯科訪問診療を実施していくこと)
3、歯科医師会から得られる情報以外に、生きた歯科医療情報を常に他医院より早く知り学べる事
4、患者さんが信頼し、医院の安全が口コミで広まること
5、その歯科医院が、このホームページで検索できること

当NPOは、数多くある医療の中でも、真面目に取り組みながら成果を目指し、地域の信頼を得られる努力をしている医院または、医師にご入会を頂き、医院確認の上公表し、患者の選択肢の支援を行うものです。医療機関の認定には十分な検査が必要ですが、まずは簡易な確認から認定をし、徐々に精度を上げてまいります。

このNPOが活性化し、日本中で「救われた」という患者と、「元気になってよかった」と言える歯科医師の笑顔が重なることを願ってやみません。また、一般医療との連動も強く視野に入れて学んで参ります。皆様の熱いご支援を心よりお願い申し上げます。

理事長 関根 眞一

団体概要

名称 NPO法人 地域医療の連携を進める会
理事長 関根 眞一
所在地 〒173-0016 東京都板橋区中板橋12番3-603号
電話番号 03-5944-4051
FAX 03-3594-4052
e-mail info@npo-ccm.com
(迷惑メール対策のため、@を大文字表記しています。)

役員名簿

理事長 関根 眞一
副理事長 山内 雅司
理事 花田 隆行
理事 雨宮 和則
理事 稲村 厚
理事 上濱 正
理事 山崎 芳德
理事 小島 武志
理事 田中 滋
監事 大塚 訓弘
監事 山岸 光一

活動内容

1. 安全な歯科医院を増やす事業
2. 知識向上のための、講演会、研修会を開催する事業
3. 歯科と関連諸団体との連携事業
4. 高齢者介護団体との関連事業
5. 訪問診療、介護の関連事業
6. 各専門業界の講師派遣の事業
7. 医療改革、改善の答申に関する事業
8. 安全な医院を公開する事業
9. 歯科医院を総合指導する事業
10. 訪問診療医院を認定する事業
11. 医療関連ツールの販売支援事業
12. 開業を支援する事業
13. 外部団体との連携事業
DLbtn
ページ最上部へ