お知らせ information

「歯科医院の苦情対応・実践・研修」ご案内

2009-12-01 (Tue) 16:56

 2009年7月5日(日)歯科業界初の試みとして「苦情の危機管理総合研修会」を開催。

苦情クレーム対応アドバイザー・関根眞一講師による、苦情対応・申入れ者心理等の講義に始まり、実例を元に参加医院混合のグループミーティング・発表、関根講師と山内雅司教授(明海大学歯学部・元厚労省歯科保健課長)が適切な対応についてアドバイスをした。ロールプレインでは院内で起きる現象をリアルに実践。当日参加の歯科医師・スタッフも加わり、対応の「機微」・「機転」・「間」のタイミングと、自院研修では経験できない迫力を体感した。近年急激に増えている文書要求では、謝罪文や説明文への対応について、ひとつひとつの文言の意味合い、使い分けについて細部にわたり伝授。参加者の方々から高い評価を得た。詳細については砂書房より「歯科医院の苦情対応・実践・研修」として出版されているのでご覧ください。

■ 第1回開催模様はこちら>>
■ 歯科医院の苦情対応・実践・研修(書籍のご案内)はこちら>>

= 歯科医院の生き残り、差別化の時代が来た =
平成22年度 「歯科医院の苦情対応・実践・研修」詳細

■参加募集人員 35医院(院長35名・スタッフ105名)
※お申し込み順になります。(最少80名で催行)
■会 費 1医院25,000円:院長+スタッフ3名まで
※スタッフのみの受講はお断りいたします。
・院長の理解なくして、現場の理解は不可能と判断しています。
・代診参加または、スタッフ増員希望の場合にはお問い合わせください。
■会 期 平成22年 7月 4日(日曜日)
■研修時間 11時~16時30分(休憩60分含)
■会 場 東京駅近辺を予定  お申込医院には詳細送付
東京八重洲ホール(B2ホール) 詳しい地図はこちら>>

■ご依頼事項  
・グループミーティング 御社の事例を教えてください。(もちろん匿名)
皆さんの力でどう解決するのがよいか分かります。
使用されなくてもアドバイスさせていただきます。
・ロールプレイング 研修者にも参加していただきます。(事前にご連絡致します)
※歯科医師会・歯科研究団体の公聴参加もご相談ください。
また地区、同窓会、研修会での開催をご検討・ご希望の方は、別途お問合わせください。


お申し込みはこちらから


参加申込書 ← こちらのファイルをダウンロードして下記のFAX番号までお送り下さい。

FAX番号:03-3579-6548

Comments

Name: 

URL:

Comment:

Captcha:


ページ最上部へ